知っていれば得する旅になる情報サイト

>

交通手段で旅行のテンションも変わる

車かバスか新幹線か

交通手段で一番多いのは車ではないでしょうか。
荷物も積めるし、休憩も食事も自由にとれて気楽です。
帰りの出発時間にも拘束されなくて済むし、みんなで楽しく話しながら行く事ができます。
ただし、スキー・スノボーの後は体も結構ぐったりしていますから、日帰りには体が少々きついかもしれませんね。

それに比べてバスや新幹線は体が疲れているなかでの運転の心配はありません。
まずバスは一番安く行けることが魅力です。
ゲレンデまで直行してくれるので、荷物を運ぶ手間もないですし、ゲレンデで全てをレンタルできる手ぶらで行けるツアーもありますから、そちらを利用してもいいですよね。
体力的な負担を減らしたいならバスが良さそうです。

新幹線は、料金は高く、駅からの交通の便が良くないというデメリットはありますが、バスよりはゆったり座れますし、渋滞の影響を受けません。
雪道の心配もないですから、安全面は一番安心して行ける手段です。

夜発ツアー派?朝発ツアー派?

日帰りツアーには夜出発する場合と、朝出発する場合があります。

夜発ツアーは夜行バスで深夜に移動するので、最大限に日中の時間を利用できることは朝発ツアーと大きく違う魅力です。
また、交通渋滞も考えにくい時間帯での移動ですし、更衣室やレンタルショップでの混雑もまだ少ないです。
スキー場に到着するのはオープン前の早朝な場合が多いので、誰も滑っていないゲレンデへ一番のりで滑れる気持ち良さもクセになりそうです。
ただし、デメリットは睡眠不足の可能性です。
バスの振動やトイレ休憩の度に点く灯りに目が覚めてしまったり、落ち着いて眠れないことが予想されます。
睡眠不足ですと、注意散漫になったり身体能力が低下しやすいので注意しなければなりません。

その点、朝発ツアーは家でぐっすり眠ってから出発できます。
出発地も夜発より豊富ですし、往復バスとリフト券がついた格安なプランもあって、夜発に負けない人気があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る